おたまじゃくし♪分館

「今に蛙になるんだもん♪」の「おたまじゃくし♪」の管理人が、
思うところがありまして、心機一転、内容一新。

・・・・で、こりゃぁなんだ?なブログの、始まり、始まり〜。
と、気合いを入れておこう。いちおう。
古い歌を聴いている
加藤登紀子の、「男情歌」というアルバムを、聴いているよ。
かなり古いCDだけど、音はしっかりしてる。
あのころは、意味がちゃんと分かっていなかったんだなぁ、って、今聞き直すと、思う。
きっと、もっと年を重ねたら、また違った感想が出るんだろうけども。

あのころの歌は、学校帰りの路地裏で、そこらの店から流れてきてた。
  有線なんて無かった時代だもの、レコードをかけてたのだろう、と思うけど。
  (確認したわけではないから、想像ですが。)
新宿の紀伊国屋書店なんかに行って、帰りが遅くなると、渋谷辺りの飲み屋街ではよく流れてて。
流行りとなると、どこででも、同じ歌が流れてきてて、覚えてしまったよね。
バイトの帰りも、歩いたなぁ。
貧しかった学生時代、バスなんか使えず、長い道のりを歩いて帰った。
流しのギター弾きなんかとも、挨拶を交わしながら、帰路を急いだ。

ざわめいている町だったが、今よりずっと治安が良かった、気がする。
それでも、なんとなく怖かったな。
友人で、学生運動に参加してるとね、女でもヘルメットかぶって、手拭いで顔を隠してたから男女の区別がつかないとかで
ジュラルミンの盾でテレビカメラから見えないようにして、警棒で足や腰を思い切り殴られた、って、青あざ作って戻った子も、いたよなぁ。
よくやるなぁ、あんな怖い集団に、どんなつてで、どうやって混じってるんだろう、って、ビクビクしたの、思い出す。
エネルギーにあふれてた時代だったけど、正反対のように、平和を願う集団もいた。
愛と平和を、って、ね。

などと、懐かしさで、うっかりCDと一緒に歌ってしまう。
歌は、時代に沿っている。
歌は心を動かす。

そう、思う。
| 彩女 | つぶやき | 02:13 | comments(0) | - | -
心がざわざわ
ずっとずっと、気になっている。
どうしよう、断ったけど、猫には罪は無いものを、と。

病院に連絡とかが面倒くさいから、と、保健所とかに連れていってたら、どうしよう。
飼い主に腹を立てたゆえに、言葉がきつくなった。
でも、猫は、ナニモ悪くない。

一匹。大人の猫。
うーーーん。。。。
大人数の我が家。みんな、猫なれしてて、新参者に辛く当たるなんてことは、しない。
でも、新入りが、パニックになって、元々からの我が家の子たちに怪我をさせる可能性が高い。
今まででも、大人猫の新入りは、そういう意味で、大変だった。
特に、一人っ子で可愛がられてきた子は、難しい。

部屋が空いてない。どこかに、入れないと、なのだが、それが怖い。

何度も、彼女の家の近くまで行っては、戻る、を繰り返している。
われながら、だらしなさすぎ。
でも。
命、なんだよね。

飼えない、というけど、その理由は言わない。
いろんなこと、あいまい。きっちり、してない。いらっとする。
いい加減な感じで、まともに相手をしたくない。
あなたは猫好きでしょ?なんて、そんなの、今飼っている猫を手放す理由にはならないでしょ?
それなのに、気持ちがふたぐ。

心が落ち着かない。
| 彩女 | つぶやき | 22:53 | comments(0) | - | -
チャコを迎えに行ったとき
 電話をもらって、すぐ駆けつけた。
先生は「ごめんなさい」と言った。

手術台の上に横たわっているチャコは、まだ温かかった。あたしとチャコだけになって。
あたしは、心臓をトントントンと叩きながら、チャコの口と鼻に、何度も何度も息を吹き込んだ。
マウス・トゥ・マウス。
帰ってきて、帰ってきて、と、念じながら。
でも、チャコは、とうとう戻ってこなかった。

悲しみには、音が無い。
悲しみには、色が無い。
でも。
悲しみには、匂いがある。
病院の、消毒の匂い。
母を見送ったときも、父を見送ったときも、たくさんの動物を送ったときも。
そして、いま、チャコを送る今も。
あたしの体中のどこもかしこも、消毒の匂いが染み付いている。
ずっと抱きしめていた、臭いがある。

入院したとき、6.2キロだった体重が、5キロまで落ちていた。
でも、軽くて重くて悲しくて。
家に戻ったときは、以前と変わらなく感じた、のは、なぜだろう。

家に帰って、チャコを玄関に置いて。
一人で、奥の部屋に向かう。
きっと、足元でするん、すりん、しながら、一緒に歩いている、と思ったが。
なんだか、そういう気配が感じられないのよ。

もしかすると、あの子は、身体から離れて、まだ病院に居るのかもしれない。
明日、もう一度行ってみるか。
連れて帰ってあげなきゃ、あの子が浮かばれない。

迷うんじゃぁないよ、たとえ、自分の思う道でなかった、としても。
迷うんじゃぁないよ。
迷ったら、囚われてしまうよ。抜け出せなくなるよ。
光になって、戻っておいで。
そうして、生まれ変わって、また、帰っておいで。
最初から、やりなおそう、また、あたしと。
ね、チャコや。
| 彩女 | つぶやき | 00:34 | comments(0) | - | -
迷うこと多し
 けせらせら。
| 彩女 | つぶやき | 01:46 | comments(0) | - | -
クリスマスの約束
 パパさんが録画しておいてくれた「クリスマスの約束」
観ました。
どんどん引き込まれていって、なんか、涙が出た。
パパさんたちも、泣いていた。
聞いた曲、みんなスキになった。

音楽って、歌って、いいなぁ。
| 彩女 | つぶやき | 02:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ