おたまじゃくし♪分館

「今に蛙になるんだもん♪」の「おたまじゃくし♪」の管理人が、
思うところがありまして、心機一転、内容一新。

・・・・で、こりゃぁなんだ?なブログの、始まり、始まり〜。
と、気合いを入れておこう。いちおう。
ふられたハナシ
高校一年のとき。
元々が男子校で、男女比は9:1くらいだった。
何も知らずに進学し、三年生のめったやたらに「美しい」先輩に、目を見張った。
歌舞伎役者のような面立ち(きっと母上が美人なんだな)で、小柄だったけれど目立っていた。

男の人でも、こんなに見目麗しい人がこの世に存在するんだ!!

代議員会で隣になった先輩女史に、そっとささやいた。
「あんな美しい男子、生まれて初めて見ました〜!」

次の週になって、かの女史からピクニックのお誘いを受けた。
バスに乗って、近くの遺跡まで、お弁当持って。
そうしたら、くだんの美男子が数人の男子生徒とともに、あとから合流したではないか。
ていうか、素足に下駄履き! ど・ビックリ。

自慢じゃないが、高校生のころまでの自分は、いわゆる箱入り娘。
使用人以外の男子とは、まともに口をきいたことが無かった。
背広は見慣れていたが、下駄履きなんて、縁日やお祭りには外出禁止だった自分は
身近で見たことがなくて、内心怖くてドキドキしていた。

日当たりのいい戸外を、ゆったりと歩き回って、帰りもバス。
遺跡巡りだから、課外授業みたいな1日だったあたりは、さすがの進学校。
それなのに。
翌日から、かの美男子は、毎日図書館の受付に用も無く顔を出すようになった。
ポスターに憧れるような気持ちで見ていた自分は、生身の先輩をどう扱ったらいいのか
皆目見当が付かなかった。
図書委員だったあたしは、他の委員から「あからさまに」からかわれることが続いたので、
貸し出し予定の本を探しに奥に引っ込むようになった。
そうしたら。
先輩は、奥まで着いてくる。
定年間近のJ先生が、あたしを呼びつけて叱った。

奥(委員室)は、部外者は立ち入り禁止だ!自分の男を入れるな!!

いや・・・・あたしの男、って、所有物では無いんですけど・・・(T^T)
あたしが呼んだのでもないし。。。(ー_ー;)
と、心の中で思ったが、口には出せず。

しょうがないので、先輩に「図書委員室には立ち入らないでください。」と、お願いした。

3日ほどしたら、かの、一緒に遺跡に行った別の男先輩二人から呼び出しを受けた。
二人は、あたし一人を座らせて、宣言した。

あいつからの伝言だ。
『多少アタマが悪くても、顔がいい女の子とつきあうことにしたから。』
そういうことだから。


どうやら、あたしは「ふられた」らしいな、と、思った。
ていうか。
・・・・まだ、つきあってなかったんですけど。。。。( ̄▽ ̄;)

でも、それから、男って生き物が嫌いになった。特に、見目麗しいタイプは最悪。
なんて身勝手なんだ。
勝手に寄ってきて、勝手に人を不細工呼ばわりして、失礼にもほどがある。
今の自分だったら、一発ぶん殴ってるとこだ。
あっけにとられて黙り込んでいた、高校生のあたしに駆け寄って、入れ知恵してやりたい。

男の方、反論ありましたら、どうぞ。

とはいうものの。
今になって思うに、若かったなぁ。。。。と。
相手の方も、使いの方々も、幼かった自分自身も。
振り返れば、みんな懐かしい思い出に、なってしまってました。

あたしが過去のことを書いている時は、おおむね、そうです。
怒り心頭の時には、口に出せない、書き出せない。
書いているということは、懐かしさでいっぱいになってしまった時です。( ´艸`)
| 彩女 | なんだかなぁ | 22:19 | comments(0) | - | -
やってられねぇ・・・
葬式が終わって。

年寄りが亡くなった時の、あの親戚が大集合しての和気藹々な酒盛りとは趣が違って
若いもんが亡くなった、しかも入院とかもせず、急死だったばあいの葬式は、重い。

死者の祖父母の兄弟姉妹やら、親の兄弟姉妹、いとこはとこ、甥っ子姪っ子うち揃いの葬儀は
誰も無口で、物音一つしないようなありさま。
食器の音さえ身がすくむような緊張感。

山の墓地に埋葬の最中も、雪は降り止まず。

疲れ果ててテーブルにかっぷしていると、あの地震だし。

選挙の声は今日も聞こえていたが、みんな二重に戸を閉めておるから内容までは聞こえないし。
どうしても、の用事で出かけると、あちらこちらでスリップ事故。
路肩に上がって四苦八苦やら、曲がり角を滑ったらしく、家に突っ込んでいたりとか。

なんか、暗澹たる気持ちになってしまう。

今夜は早めに休もう。
おやすみなされませ。
| 彩女 | なんだかなぁ | 20:21 | comments(0) | - | -
おたまじゃくしが行方不明
 ついさっき。
本家(?)の「おたまじゃくし」を開こうとしたら。

このブログは、ご覧いただけません。

なんだっけ?
移行したと思っていたんだが。
記事、全部消えた?

うえぇぇぇぇぇ。

震災から引き続いて、怪我で六月〜七月は入院。
つい先日は川の氾濫で、六十数年ぶりとかの浸水被災。
なかなかパソコンも開けないままに、いつのまにかブログ消失?

・・・・・なんちゅう年じゃ。

とりあえず、家の片付けしなくちゃ、の真っ最中。
もう一週間。
体中が痛い。でも、まだまだ手つかずの場所が残っている。
人間、いつの間にと思うほど「モノを持っている」んだなぁ。
ずいぶん捨てたんだが、高価なモノ、たとえば専門書(一冊が数万円とか)やら
掃除機、アイロンなんか、は、収集車が来ないうちに家の前から消えていた。
治して使えるんなら、それはそれでいいんだけど。
本は、もったいない、悔しい、と声に出して捨てたから、持ってった方はどうかどうか
大切にご覧ください。
アルバムは捨てられず、めめしく取り置きしています。
明治時代からのご先祖さまのがあるんだもの。
でも、白黒のは、画像が流れてたり、薄くなってたりしてる。
必死に修復中。
CDやDVDは、ぬるま湯の中で静かに振り洗いして、ずぶ濡れのネルかなんかで
中心から外側に、静かに拭くといいよ。
乾燥させたら、ほとんど復活した。
洋服は、タンスが浮かんでひっくり返って、中味が泥にまみれて。
洗っても染みついて、さすが「泥染め」(違うって・・・)の風情。
ふすまは剥がれてよれて、使い物にならない。
建具のほとんどが、ふくれてかみ合わなくなっている。
夕方からは、もう冷え込みが厳しく(といっても12〜13度)ストーブを点けたいのだが
これが一階部分のものは全滅。部屋ごとに置いてあったのが、見事水没の憂き目に。
本格的な冬になったら、どうしようかと思案中。
家そのものを直さないとなので、余裕が無いし、家訓で「借金はするな」というので
ローンも未経験。やる気も無いし。
しょうがないから、山小屋の七輪でも持ち込んで、練炭にするか?
それとも、薪ストーブ(当地ではけっこう普及している)にしようか?
なんてこと、考え中。
です。
| 彩女 | なんだかなぁ | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
お試しの顛末
 コンタクトレンズ。
くっきり黒く縁取りしたものと、茶色で大きめの瞳になるものがある。
お値段も手頃だし、ステキ度アップできそうで胸がドキドキわくわく。

試してみました、お仕事用に「知的に見える黒の縁取り」のもの。

眼科で検診を受け、しっかり視力を計っていただき、品物を確認。
手をきれいに洗い、鏡に向かってしばし真剣。
いざ、装着!!
おーーーー!!簡単手軽に装着できた!痛くない!!
くっきり、ハッキリした瞳.:*:・'°☆。.:*:・'°★°'・:* .:*:・'
鏡よ鏡、この世で一番綺麗な瞳は、だぁれ?°☆。.:*:・'°★°'・:*


・・・・・でも、なんっか、ヘン。
・・・・・どこかが、おかしい。

鏡にくっついて、じーっと、じーーーーーっと観察。

あたしの黒目より、ほんのわずかに小さめだった(  ̄ _ ̄||)
ショップの店員さんから、他のサイズはありませんか?と聞いたのだが、
あいにくワンサイズのみだという。
うーーーん、残念。
希望としては「いきなりウルウル大きな瞳」・・・虫が良すぎたか。
でも、目に力がある感じに見えて、好感度は増した気がします。

レンズメーカーさん、どうか、M、Lサイズを作ってはいただけません?
・・・・ダメ?
もしかして、存在するけど田舎だから置いて無いだけ・なの?
ちょっと、かなしひ。(高望みがはずれて)

ちなみに、茶色の方は、瞳が少し大きめサイズでした。
模様の入り方も、違っています。自然で「いい感じ」でした。
あれで黒も出してくれてたら、即購入だったのだが。
| 彩女 | なんだかなぁ | 01:00 | comments(1) | trackbacks(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ